マインクラフトのマルチサーバーの立て方の解説、マルチサーバー運用にベストなレンタルサーバーやVPSを比較するサイトです。

ドブクラフト

マルチサーバー運用

Minecraftマルチサーバー運用する時のレンタルサーバー比較してみた

更新日:

Minecraftマルチサーバー運用となると、一番のネックはサーバーの用意。
なので色々比較してみました。

マインクラフト、マルチサーバーの運用はレンタルサーバーかVPSか自宅サーバーか

それぞれについてザックリ説明すると、

「レンタルサーバー」はシェアハウス

一部屋に複数の人が同居してるイメージ
窮屈だけど、面倒な水道や電気などの手続きはしてくれてある

「VPS」はアパート

一応プライバシーは保たれてるけど、水道や電気の手続きは自分でしなきゃいけない

「自宅サーバー」は一戸建て

めっちゃ自由にできるけど、自分でイチから全部しなきゃならない
建物のメンテからセキュリティ何から何まで。
セキュリティが緩いと、泥棒(ハッカー)に入られまくる。

という感じ。

マイクラのマルチサーバー運用、という点で見ると、レンタルサーバーは無し。

最低でもVPSになる。

VPSの比較

マルチサーバーを運用してみて
最低メモリ2GBは必要と感じました。

1GBでも動かせないことは無いけど、一人が大量に動物を増やしたりすると負荷がかかってサーバーが落ちる。
ルールでガチガチに縛れば遊べないこともないけど、窮屈だと思います。
メモリの少ないサーバーではネザーを無くしたり、ネザーに行くときは「みんなで一緒に」行ったりするそうな。

なので最低メモリ2GBとして、このスペックで各社のVPS比較してみました。
(ablenetだけは1.5GBで比較)

ServersMan@VPS ABLENET さくらのVPS お名前.com VPS
月額費用 934円 934円
(年払い)
1706円 1,315円
初期費用 無料 無料 2,160円 1600円(期間限定無料
CPU 不明 2コア 3コア 3コア
HDD 100GB 100GB SSD:50GB 200GB
コントロールパネル 有り 有り 有り 有り
無料お試し 1ヶ月 10日 14日 15日
お試し中外部接続不可

CPUコアとは、CPU の中心部分であり、実際に処理を行うところです。
「コア」が、コンピューターの頭脳と言えます。
コンピューターが多くのソフトを同時に動かさなければならない時でも、複数のコアでその作業を分担することが出来ます

つまりコアの数が多いと処理能力が高くなるわけです。

コアが増えると熱を発しやすくなるそうですが、VPSなので、考えないで良いでしょう。

さくらのVPS

安心と信頼の さくらのVPS
老舗ですね。

ただ値段は一番高い。初期費用も、けっこーかかる。
今、このマルチサーバーも大型MODを2つ入れて、エラー落ちすることもなく動いています。
ServersMan@VPS に引っ越ししました。

 

ServersMan@VPS

お値段では圧倒的に安いのが、この「 ServersMan@VPS
しかも、無料期間が一番長い(1ヶ月)
今の所、スペックとコスパ比較して、一番良い。

人気なようで、月初に売り切れてしまう事が多い。早めの申し込みが吉。

 

2016年3月18日追記

ServersMan@VPSスタンダードプランでマインクラフト1.9bukkitサーバーを建ててみた。
負荷テストとして牛を100匹くらいに増やしてみたが、特に問題なくサーバーは稼働し続けました。
TT稼働での負荷実験などもしてみたいと思う。

ところで、bukkitがいつの間にか新しくなってめちゃくちゃ建てやすくなってた。
ServersMan@VPSでbukkitサーバーの建て方も近いうちに記事にします。
Minecraftマルチサーバーを、格安VPSで立てる方法(初心者向け)記事を追加しました。

ABLENET

ABLENET は、あんまりメジャーではないけど、10年の運営実績のあるサーバー業者。
サーバーマンが募集停止していた時に、同じくらいの値段で借りれるところが無いか調べていて見つけた。
試用期間有り、初期費用無料、1ヶ月の金額が千円以下、という条件はサーバーマン以外だと、ここくらいだった。

メモリが1.5GBで、どうかと思ったんだけど、マイクラ動かしてみたら特に問題なかった。
村人300人増殖させてユーザー二人で見守ったけど、サクサク動いてた。

軽さは、体感だけど、サーバーマンより軽い感じだった。
今度、同じ条件で実験したいところ。

注意点は、1年契約じゃないと、値段が割高な所。
なので試用期間中に問題なければ、1年契約にした方が良い。

あとは、試用期間⇒本契約 が自動的にされないので、放っとくと試用期間中のデータを全部削除されてしまう所。
せっかくマイクラ等セットアップして、いざ本契約、と思ったらデータ全削除されてました、ってのは本当に萎えるので気を付けてください。

マイクラセットアップまでのVPSのセットアップが少し、サーバーマンよりもクセがあったので記事にまとめました
格安VPS、ABLENET VPSの登録方法からテラターム、WIN SCPログイン設定方法

お名前.com VPS

GMOのVPS.
お値段は さくらのVPS より少し安い。
スペックは さくらのVPS よりやや安い。

でも個人的にあんまり好きじゃない
コンパネで広告をしつこーく出してきたりするイメージがあるので

2016年5月25日 追記:サーバーマンが新規申し込みを停止してしまったので無料期間で申し込んだが、無料期間中は外部からアクセスできなかった。
これでは、テストできないのでオススメしません。

どのVPSが一番オススメか

色々と契約して使ってみた結果
以下のような順位でお勧めします。

1位: ServersMan@VPS

コスパ最高。
マイクラマルチサーバーをストレスなく動かせる規模のVPSで1000円以下、初期費用無し、無料お試し有り、などを考慮すると、サーバーマンが一番良いですね。

早々に売り切れるため、早めの申し込みが吉。

 

2位: ABLENET

サーバーマンとほぼ同じスペック&価格帯のVPS。
10年の運営実績はさくらインターネット並の歴史で信頼できる。
軽さはサーバーマンよりも軽い(体感)

マイクラのセットアップまでのVPS設定が少し複雑なのが難点だが、以下の記事を見てセットアップすれば問題ないと思う
格安VPS、ABLENET VPSの登録方法からテラターム、WIN SCPログイン設定方法

3位: さくらのVPS

少し高いけど、色々質問したり、分かりやすい管理画面が欲しいなら、さくらVPSがオススメ。
ネット上に情報がたくさんあるのも高ポイント

VPS以外の選択、自宅サーバー

ずーっと放置しておけるノートPCなどがあったら、この方法が良い
というか、10人以上常時接続するようなマルチサーバーだったらVPSだと料金的にかなりきついので
必然的に自宅サーバーになると思う。
自分の知っている大手マルチサーバーは漏れなく自宅サーバーで運用されている。

サーバー知識がある人で、電気代とVPSの料金を天秤にかけて、電気代の方が安そうだったら自宅サーバーが良いだろう。

でも5人程度の身内サーバーならばVPSの方が良いと思われる。

-マルチサーバー運用
-,

Copyright© ドブクラフト , 2017 All Rights Reserved.